2018年7月24日(アメリカ時間)から、Chrome 68 が登場しました。

一足早く、私もインストールをしてみました。

68

常時SSL化(https:)に対応していないサイトでは下記のような

「保護された通信」と、危ないという「保護されていません」という

表示がされるようになりました。

※「保護されていません」の表示は、Chrome 68 のVerからです。

今迄、「保護された通信」は表示されておりましたが。

具体的に、下記に比較画像を掲載いたします。

「保護された通信」(我が社のHPを例に)

needs

「保護されておりません」のHP (無差別に)

dareda

ちなみに、2年程前からアナウンスは行われておりましたが昨日実施されました。

さらに、本年 10月には Chrome 70 がリリースされます。

一部の報道では、「保護されていません」(http: 従来のSSL未対応接続)

においては、更に厳しく パスワードの入力時には「保護されていません」が

赤く表示されてしまう警告する機能追加が予定されているようです。

本日、7月25日現在では「日本におけるChrome のインストールで 68を

インストールする公式なサイトは通常の検索では簡単には出てくれませんでした。

   そんなに時間はかからず、日本でも普通にインストールされるようになると思います。

     ちなみに、google chrome 公式サイト に入り 右上の「エンタープライズ」の中を

うろうろして、ダウンロード元を見つけました。 そこまでしなくても良いでしょうけどね。


Categories: 日記


Comments are closed.